ピンクコンパニオンのライフスタイル

一般的なピンクコンパニオンのライフサイクルをこれから見ていきます。

ピンクコンパニオンがこの仕事や業界に入るのは、だいたい20代初めとされています。

友達に勧められてはいったり、スカウトされたり、求人誌でみたりして、アルバイトをします。

仕事が特殊ですからピンクコンパニオンは向き不向きもあるかもしれません。

辞めてしまう人、むいていない人はすぐにこの業界から去る傾向にあるのです。

それから結婚をしてコンパニオンをしていくことに限界を感じたら離れることになります。

なので、20代真ん中の年齢層のピンクコンパニオンがいないのでしょう。

ですが、結婚後仕事に困ったり離婚をしたりして割りの良い仕事を探すことになったときに、またピンクコンパニオンとして戻ってくるケースが多いのです。

20代後半から30代が多いのはそうした背景もあるのです。

色々と人生茨の道を歩んできて、ピンクコンパニオンに戻っている人もいます。

色々な人生経験をした上でピンクコンパニオンをしているのである意味ベテランでありプロとしての意地を見せて仕事をしている人もいます。

だから安心してピンクコンパニオンの宴会を楽しめるのかもしれません。

少し人生経験を積んでいるコンパニオンの方が安心できるというお客様もいるのです。

Comments

Comments are closed.